横浜市泉区の動物病院です。犬、猫の病気、怪我、予防接種などご予約・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

ご挨拶

当院は平成5年12月、横浜市泉区に開業いたしました。地域の方々に支えられながら10年後の平成15年4月、同じ岡津町に移転リニューアルいたしました。

近年の動物を取り巻く環境は、刻々と変化しています。従来の「番犬」としての飼い方より、「家族の一員」「癒し」というように動物の立場も変化しています。そのため、室内飼いのご家庭がここ数年で驚くほど増加し、人との接触慣れから診察室で大暴れするワンちゃんはめっきり減りました。

その反面、留守がちな家庭が多く、分離不安等のストレスによる皮膚病、胃腸疾患、ホルモン疾患は診療の中でかなりの割合を占めつつあります。また、腫瘍性疾患や動物種特有の病気(ダックスフンドの椎間板疾患など)も多くなっています。

このような、より人間に近い病気の早期発見、治療は動物医療にとって急務になっています。

当院では、以下に掲げる方針を基盤に、動物達とそのご家族の方々に良質の医療を提供できるよう努力してまいります。

なかまる動物病院の基本方針

動物に優しい医療

人間本位ではなく動物本位の医療を実践します。動物の視点から物事を捉え、痛みや不安の緩和を優先します。

対話の徹底

当院では、オーナー様とのお話をとても重視しています。遠慮なく思いをぶつけてください。

清潔な空間

院内の消毒、清掃を徹底します。

最新の診断・治療技術、機器への追求

CT、内視鏡、腹腔鏡、減感作療法、再生医療(脂肪幹細胞療法、活性化リンパ球療法)、一般眼科検査機器、レーザー装置等、早期診断→治療→治癒、を行うために常にアップデイトを心がけています。

チーム医療

横浜周辺の有志で作った、DVMs http://www.yokohama-dvms.com では、夜間救急診療の他、外科、眼科、循環器科、行動治療科、皮膚科、整形外科等の二次的な動物医療も行っています。この施設と密に連携することにより、結果として動物とオーナー様の満足の追求をしてまいります。

院長プロフィール
中丸 大輔
■獣医師
■なかまる動物病院 院長
2009年 公益社団法人横浜市獣医師会 理事
2015年 一般社団法人日本小動物獣医師会 理事
 
1990年  北里大学 獣医学部卒業
1990年~  横浜市内病院にて研修医として勤務
1993年  なかまる動物病院開業
2000年  有限会社なかまる動物病院 代表取締役
2006年  DVMs動物医療センター横浜 役員
2006年  横浜どうぶつCTセンター 取締役
2009年  公益社団法人横浜市獣医師会 理事
2015年  一般社団法人日本小動物獣医師会 理事
2016年  株式会社アット・ウイル設立 代表取締役
2016年  株式会社エンベット 取締役(CMO)

所属学会等
けやき臨床研究会(幹事長)
日本獣医皮膚科学会
日本獣医麻酔外科学会
災害動物医療研究会
日本獣医再生医療学会
公益社団法人横浜市獣医師会員
一般社団法人日本小動物獣医師会員

学会発表
「薬物スコアを用いた犬アトピー性皮膚炎に対する減感作療法の評価」
「炎症性腸疾患が疑われた犬9症例の診断・治療・予後の考察」

専門的学習
ASC皮膚科セミナーコース修了
IVEAT超音波実習コース
腹部・胸部アドバンスコース修了
小林一郎先生眼科セミナーコース修了
PENNHIP (ペンシルバニア大学股関節形成不全症診断)免許取得
ACVS(全米大学外科学会)ACVIM(全米大学内科学会)
各種実習コース修了
オリンパス内視鏡コース修了
ジョージア大学腹腔鏡・胸腔鏡実習修了
PLO TTA整形外科実習修了
Copyright(c) 2015 なかまる動物病院. All Rights Reserved.